英語を使って外資系で仕事をするために大切なのは「即戦力性」?

転職を成功させたい!

英語を使って仕事をするために外資系企業に行きたいと考える方は、転職を成功するためにはどうすればよいのかについてを悩むかと思います。しかしそうして色々考えているよりも、まず外資系企業へと転職をしてしまうことの方が大切になってくるのです。ただし転職をするためには、いくつかのポイントを押さえることが重要になってきます。

外資系の面接では○○を意識せよ!

外資系に入るためには、外資ならではの面接を意識して自己分析を徹底的にしておくことやしっかりとした企業研究を行っていくことが大切です。外資系での転職ではとにかく早く成果を出すことが求められるため、これまで経験や自分ができることなどを明確に伝えられるようにしておきましょう。外資系の面接は日本企業の面接よりも回数が多くなる傾向がありますが、面接そのものはフランクで聞かれる内容に日本企業の面接との大きな差はありません。ただし覚えておいて欲しいこととしては、外資系企業で特に重視されるのが「即戦力性」であることです。また面接時に特に意識して欲しい人物がいます。外資系での面接の際に特に重要なのは、転職後に直属の上司になりそうな人物との面接です。外資系の会社に入社後のあなたのパフォーマンスの責任は直属の上司にゆだねられる、この点を強く意識しながら面接に臨んでください。最後に当然ですが、企業研究をしっかりと行なうようにしましょう。企業の本社がどこの国なのか、日本にどういう形で進出してきたのかなどの確認を怠ってはいけません。企業が日本に進出した背景は様々ですから、その企業における日本の位置づけや役割などを研究することで内定率がグッと挙がるでしょう。

英語の先生になるなど、英語の転職では何が必要でしょうか。まず、英語資格試験の証明書やスコアは基準を満たす必要があります。そして、語学力以外に人間性も必要です。面接では語学力と人間力の両方が試されます。