市民の立場で平和を守る!警備員のお仕事について

警備員の業務内容について

警備員は対象の施設や地域の安全管理が主な業務内容です。施設内の巡回の他、人や車両の誘導が一般的です。また、商業施設での万引きに対する監視や対象者の護衛など特殊な業務を行っている会社もあります。

警備員の業務は性質上、常に細心の注意を払って周囲の状態を把握する必要があります。そのため、業務を正しく遂行出来るように専門の研修を受けることになります。業務内容によっては多額の現金や貴重品を扱うこともあるので、仕事に対する責任の重大性を正しく理解することが大切です。

警備員の仕事に就く際の注意点

警備員の仕事に就くためには求人広告を見て応募するのが一般的です。警備員の仕事は会社の指導を受けることが出来るため、全くの素人でも業務に就くことが出来ます。その一方で破産経験者は就業出来ないなど一部の点で制約があるので注意が必要です。また、警備員の仕事は不特定多数の人や車両の動きを制限することが多いため、思わぬトラブルが生じる可能性があります。そのため、トラブルに対して適切な対処が出来る体制が整っている会社を選ぶのが長く仕事を続けるための心得です。

警備員の業務内容によっては長時間拘束されることもあるため、勤務時間や給与の詳細は必ず確認します。特に施設警備は不測の事態に対処することがあるので、拘束時間が変動するケースもあります。業務内容の確認は終業後のトラブルを避けるために必要な工夫なので、求人広告の確認だけではなく、複数の業者を比較して希望条件に合致する所を選ぶことが大切です。

警備員のバイトは巡回するのが主な仕事ですが、商品を万引きしている人を見かけたら警察署へ通報しなければなりません。