知らない人も多い!歯科衛生士の仕事と必要な資格

歯科衛生士の仕事と助手との違い

医療に関わる仕事は数多くありますがその中でも歯の健康を守る仕事の一つに歯科衛生士があります。

歯科衛生士は、歯の病気の予防や指導などが主な仕事です。同様の仕事に歯科助手という職種もあって、混同して考えている人も少なくありません。しかし、歯科助手は主に病院の受付や雑務を行うの仕事で国家資格を必要としないことから、歯科衛生士とは役割そのものが異なります。

歯科衛生士になるために必要な資格

歯科衛生士として働くためには、まず国家資格と呼ばれる専門の資格を取得しなくてはいけません。資格の取得には知識だけでなく技術も必要とすることから、大学や専門学校に通って勉強をするのが一般的です。学校によって期間は異なりますが、平均で3年前後の修業を終えた後、受験に合格することで晴れて歯科衛生士として認められます。

歯科衛生士の主な働く場所

歯科衛生士はその名の通り歯に関わる仕事をメインとしているので、比較的の多いのが歯科医院で勤務になります。

歯科医院以外で活躍できる場所としては、保健所や介護施設での咀嚼や健康的な歯を保つ指導などです。中には自身の経験を活かして講師として働く人も少なくありません。

求人の探し方と平均収入

歯科衛生士として働くためには、当然のことながら求人に応募をして採用されなくてはいけません。とはいえ、国家資格が必要な職業であることから、一般的な仕事に比べて採用されやすいと言えます。需要の増加によって歯科医院の数も増加傾向にあるので勤務地や福利厚生など自分にあった条件で働きやすいのも特徴です。

気になる収入は、勤務地によって若干の違いはありますが平均月収25万円前後、年収にして330万円前後とされています。

歯科衛生士の求人は、ハローワークに出向いて尋ねたり、求人サイトで検索から閲覧もできるようになっています。