医局に出向いて働く派遣型

多くの医師は大学病院の医局に所属していますが、全ての人が当てはまるわけではありません。そして地域に連携している病院に出向いて働くことを、医局派遣と呼びます。正確には派遣ではありませんが、医局派遣は転職のようなもので働く環境が変わります。

自分で希望する病院に応募する

インターネットが発達した現代社会は、病院やクリニックを簡単に検索することができます。要望やニーズに合わせて、条件を絞り込んで探せるため、求人を見つけるのは簡単です。しかしコミュニティは狭いので、職場バレが起こらないよう、慎重に行う必要があります。

知り合いに紹介してもらう

医師が求人を探す時、一番簡単に探せるのが知り合いを頼ることです。友人や大学時代の先輩後輩を頼れば、同じ医者同士なので話を持っていきやすいです。ただ実際働いてみて思ったのと違う場合もあります。そんな時は辞めづらいという面もあります。

紹介会社を利用して探す

医者の世界にも人材紹介会社が存在するため、求人を探す意思があるなら、専門会社を頼るという方法もあります。申し込みから条件交渉までをコンサルタントしてくれるので、スムーズな転職活動には欠かせない存在です。成功するポイントは良いコンサルタントに出会うことです。

求人を探す時のポイント

医師求人には一般公開されているタイプと、非公開のタイプがあります。誰でも閲覧できる求人と限られた方しか見れない求人、それぞれ性質が異なります。非公開タイプは数が多いのが特長なので、より質の良い求人を求めるなら非公開から選ぶと良いでしょう。

常勤ではなく、医師を非常勤でやることのメリットは重労働で心身がむしばまれることがない点や、私生活面の予定が立てやすい点です。