外資系の会社は英語が不得意だったら無理?

最初からあきらめてはダメ!

外資系は待遇がいいけど英語が出来ないから除外するしかないな。と考えている人は多いと思います。でも外資系にもいろんなところがあるのも事実なんですよ。

日本語の面接の場合もあります

外資系だからと言って社員が全員外国人なわけではありません。人事担当が日本人だという会社は少なくありません。しかも職種によっては日本語がほとんどだと言う場合も結構あるのです。会社を調べるときに日本人社員の割合を見てみると参考になります。

日本人は控えめすぎる傾向が

面接では今までのキャリアを聞かれることが多く、特に転職の場合ですと前職の事を聞かれます。日本人はそこで控えめに答えてしまう事が多いのですが、外資系ではそれはデメリットになります。嘘はいけませんが自分をアピールするための場なので自信をもって答えましょう。

社内メールは外国人から教えてもらえ!

やはり外資系では海外とのやり取りが多くそのほとんどは英語になります。でも正式な手紙を書くわけではありませんので、通常のやりとりではある程度の間違いは許されるのが普通です。当然数量とか日時などの重要事項でそれはアウトですが、ある程度決まった形式があるのでそれほど恐がるものでもありません。何よりメールの相手からの返事が最高の勉強材料になります。それを真似ていけば英語でのメールは案外簡単に打てるようになります。それに悩む前に周りに外国人が多いのですから、相談することだってできるのですから。

まずはアピールしていけ

外資系だって日本語は必要ですし、当然外国人はそういう場合日本人を頼ってきます。そのチャンスを生かしてどんどん自分を売り込んでいけば自然といい関係が生まれ仕事はやりやすくなります。なにより英語を学んでおいて損はありませんから当たって砕けろです!

外資系の転職を検討しているなら、得意な語学を明確にしておきましょう。英語のほかに、中国語やドイツ語が堪能な人材を求めている外資系の企業も見受けられます。