単身赴任でも引っ越しが要らない!?マンスリーマンションのメリットとは?

単身赴任は生活に必要な道具を買い揃える必要がある

単身赴任は家族とは別の場所で生活を送る事を意味しています。
テレビや冷蔵庫、洗濯機や電子レンジなど生活に必要な電化製品を買い揃える必要があります。
さらに、単身赴任は一人暮らしをする事になるので、冷蔵庫や洗濯機などは小さなサイズを選ぶ人は多いと言えましょう。
尚、一人用の電化製品は、自宅に持ち帰っても使えないので単身赴任を終えた後はリサイクルショップに売却するなどして処分する人は多いのではないでしょうか。
仮に、リサイクルショップがで買い取りして貰えない場合には、冷蔵庫や洗濯機は粗大ゴミの回収が出来ないので、販売店などに依頼をし、有料での処分が必要になって来ます。
その点、マンスリーマンションは電化製品が揃っているので、購入する必要もありませんし、退去時の処分などについても考えずに済みます。

敷金や礼金などの初期費用も抑える事が出来ます

一般的な賃貸の部屋は、入居時に家賃数か月分の敷金や礼金、仲介手数料などが必要です。
敷金や礼金が家賃の2か月分必要で、8万円の家賃の部屋の場合には40万円以上の費用を用意しておく必要があります。
マンスリーマンションは契約時に支払う清掃費や契約手数料などの費用のみになるので、初期費用を抑える事が出来ます。
賃貸の部屋を利用した場合には、引っ越し費用や家財道具の購入費用なども必要になりますが、マンスリーマンションの場合はこれらの費用も節約出来ます。
ちなみに、マンスリーマンションは長く借りるほど1日当たりの賃料が安くなるのが特徴です。

マンスリーマンションの場合、敷金や礼金が不要で短期間の契約が可能なので、出張や仮住まいなど、あらゆるシーンにおいて役立ちます。